車買取の現実とリスクについて一言

一括査定など、やたらネット広告が目につく車買取の現実について

車買取で思うことがある!

車買取の現実とリスクについて一言

最大手も創業10年を経過し、市場規模も飽和しつつある車買取業界。

急成長と言われてましたが、そのビジネススキームはオークション価格に利益を乗せて買取るいわゆるノーリスク商売です。

そこには競争原理は少ししかなく、査定に何社も依頼しても談合のように大きな差はありません。

「当社は自社で販売することが出来るので、価格に自信があります」「店長と掛け合います」などあの手この手を言いますが、結局は他社の価格を基準に算出するだけです。

査定と言っても塗装と骨格の事故歴や傷、内装・外装の程度、装備品・タイヤのチェックくらいで数週間の研修で身に付けた知識ですから、車の性能やコンディションは全く影響しないのが現実です。

車買取店の良し悪しは、1査定の待ち合わせ時間にきちんと来る2車を丁寧に扱う3書面の説明4売却後のオークションクレームの説明がきちんとされるかどうかと思います。

特にオークションクレームは発生率は低いですが、年式の古い車やコンディションが悪い場合はきちんと説明を聞き、請求されるリスクが有るかは最低聞いておきたいところです。

オークションクレームの保証を1社しかなく、他社はそこを評価していないようですが、ユーザー側がきちんと判断すべきと思います。

〜PRサイト〜
スタッドレスタイヤならGooParts(グーパーツ)! | GooParts スタッドレスタイヤキャンペーン

< お役だち情報サイト >
岡崎自動車学校

Copyright (C) www.rough-equivalents.com. All Rights Reserved.

車買取で思うことがある!